松平 元康

センゴク外伝 桶狭間戦記(漫画)の登場人物。読みは「まつだいら もとやす」。別称、竹千代。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
センゴク外伝 桶狭間戦記(漫画)
正式名称
松平 元康
ふりがな
まつだいら もとやす
別称
竹千代

総合スレッド

松平 元康(センゴク外伝 桶狭間戦記)の総合スレッド
2016.07.11 19:04

概要

同時代の実在の人物、徳川家康をモデルとしている。三河の戦国大名、松平広忠の嫡男。駿河の今川家、尾張の織田家に挟まれ、幼い頃は人質として両家を行き来する。松平家が従属を決めた今川家で成長し、今川義元を慕いながら太原雪斎の教えを受けて成長。

元服後は勇猛な武将となり、今川義元の尾張侵攻に先鋒として参戦し武功を挙げる。桶狭間の合戦で今川義元討ち死にの報を聞き、太原雪斎の教えを自分なりに解釈。今川家から離れる決断を下す。

登場作品

武勇知略に優れた京都建仁寺の九英承菊なる僧侶が、駿河の今川家に招かれ、屈託のない笑顔を見せるひとりの子供、方菊丸と出会う。その子供こそのちに今川義元を名乗る人物であり、九英承菊はその軍師となる太原雪斎...