松木 剛士

白のファルーカ(漫画)の登場人物。読みは「まつき ごうじ」。松木恵とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
白のファルーカ(漫画)
正式名称
松木 剛士
ふりがな
まつき ごうじ

総合スレッド

松木 剛士(白のファルーカ)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

西皇グループの社長で、の父親。の資金援助を行っている。の母とは愛人関係だったが、先妻の死後、後妻として、ともども迎え入れた。を所有物のように扱うが、父親なりに息子の将来を心配している面も見せる。かつてスペインでフェルナンダと愛し合い、をもうけたが、フェルナンダが「子どもは堕ろした」と嘘をついたため、が自分の息子だとは知らなかった。

のちにスペインで再びフェルナンダを見そめ、強引に日本に連れてきた。

登場人物・キャラクター

恩の母。フラメンコダンサー。かつてスペインで松木剛士と愛し合い、子を授かるも、松木と結婚できないと知ると、嘘をついて別れる。その後、女手ひとつで恩を育てていたが、再びスペインに来た松木剛士に気に入られ...
元は天才的なシングルスケーターだったが、演技中の事故で腰を痛め、シングルを諦めてアイスダンスに転向、その際、一方的に樹里をパートナーに指名した。父は実業家・松木剛士で、母はもとは愛人だったが、のちに後...

登場作品

天才スケーター・松木恵に憧れてアイスダンスを始めた高校生の秋吉樹里。ある日、演技中の事故でシングル選手としての道を絶たれた恵がアイスダンスに転向。樹里をパートナーに指名する。はじめは反発していた樹里も...