松本 春綱

松本 春綱

センセイの鞄(漫画)の登場人物。読みは「まつもと はるつな」。別称、センセイ。

登場作品
センセイの鞄(漫画)
正式名称
松本 春綱
ふりがな
まつもと はるつな
別称
センセイ
関連商品
Amazon 楽天

概要

70代の男性で、元高校の国語(古典)の教師。白髪でメガネをかけており、特に印象のない顔立ちをしている。外出の際は、中折れ帽をかぶり、ジャケットを着て、学生鞄のような茶色の鞄をいつも持ち歩く。一人称は「ワタクシ」。居酒屋で自分と同じ肴を頼む中年女性に気づき、見覚えがあると思い卒業アルバムで確認してから大町月子に声をかける。

大町月子を「ツキコさん」と呼ぶ。ツキコと自分は「気質」が似ていると感じている。人から酌をされるのを好まない。古典文学関係の教養は高いが、昔の汽車土瓶や使い終わった乾電池が捨てられない、といったような子供っぽさもある。高校やツキコのマンションの近くにある一軒家に一人で住んでいる。

妻は15年ほど前に彼の下から出奔した。一人息子は結婚して、孫も大きくなっている(センセイが孫のお下がりを着られるほど)。

登場作品

センセイの鞄

30代後半のOL大町月子は、かつて高校で古典を教わったセンセイに居酒屋で出会う。彼女のセンセイに抱いた好意は、様々な出来事を経てゆっくりと恋愛感情に変わり、そして終焉を迎える。淡くスローペースな恋愛物... 関連ページ:センセイの鞄

SHARE
EC
Amazon
logo