松本 照円

松本 照円

病室で念仏を唱えないでください(漫画)の主人公。読みは「まつもと しょうえん」。

登場作品
病室で念仏を唱えないでください(漫画)
正式名称
松本 照円
ふりがな
まつもと しょうえん
関連商品
Amazon 楽天

概要

僧侶であり救命医。あおば台病院救命救急センターに勤めている。病院の理事長の方針で「病院付き僧侶(チャプレン)」を兼任している。仏教の智慧に学び生きることを考え、僧医として生きていくことを決意している。言葉遣いは乱暴でがさつ。自分の担当ではない患者でも、助けるべきと判断した場合は自分が診断してしまう。かつて小学生の頃、友達が川で溺れて目の前で死んだのを見て以来、罪悪感に責めさいなまれて、仏門に入った。

霊安室で念仏を唱えるため周囲には「縁起が悪い」と気味悪がられているが、それは身体も魂も治したいという熱心な思いからの行動。普段から僧衣を着ており、緊急時にはそのままオペに向かっている。僧侶でありながら日頃から肉を食べ、お酒を「般若湯」と呼んで飲んでいる。

また、エロ本やAVを見るのが好きで、キャバクラにも通っている。運び込まれた少女が継父に性的暴行を受けていたと聞いた時、義憤にかられて継父を殴り飛ばし、出勤停止のうえ減給された。

登場作品

病室で念仏を唱えないでください

救命救急医の松本照円は、病院内で僧衣を来て歩くため、患者や医師に「縁起が悪い」と言われ続けていた。彼は「病院付き僧侶(チャプレン)」として理事長の方針で雇われており、外科手術を行いながら日々礼拝室で患... 関連ページ:病室で念仏を唱えないでください

SHARE
EC
Amazon
logo