松田 雄作

いずみちゃん グラフィティー(漫画)の登場人物。読みは「まつだ ゆうさく」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
いずみちゃん グラフィティー(漫画)
正式名称
松田 雄作
ふりがな
まつだ ゆうさく

総合スレッド

松田 雄作(いずみちゃん グラフィティー)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

いずみが信州に住んでいた頃の初恋の人でナイト様。ファーストキスの相手でもある。中学剣道新人戦、中部日本大会で優勝。長い竹刀を使う。元々は正義感の強い男だったが、両親を事故で亡くした以降、生活態度が荒れ始め、飲酒や暴力事件で母校である松本の興城館は一年間の対外試合禁止となる。

中等部卒業後は東京の豪実高校に転校、金で雇われて試合に出るなど剣客商売をしている。さざ波のように揺れる剣先が、突如荒波に変わる「さざ波の剣」を使う。荒れた生活を心配したいずみが更生させようとするが、最終的には剣道で恭兵の「昇天の構え」に敗れて改心する。その後のインターハイ個人戦では、恭兵、一年を下し、優勝している。

名前の元となったのは松田優作。

登場人物・キャラクター

身長150センチと小柄で髪型はロング。サイズはB79、W53、H78。性格は天然でどんな相手にも偏見なく付き合う。知らずに多くの男たちを虜にする小悪魔的な部分も。両親がパリに住むことになった関係で、父...

登場作品

芝田恭兵の家にやってきた田村泉。天真爛漫な彼女の振る舞いに今年から共学となった北城学園の男たちは一目ぼれするが、恭兵は彼女のお目付け役として、近寄る男を退ける日々。そんな中、恭平はいずみに告白し、二人...