松苗 澄花

松苗 澄花

さきくさの咲く頃(漫画)の主人公。読みは「まつなえ すみか」。

登場作品
さきくさの咲く頃(漫画)
正式名称
松苗 澄花
ふりがな
まつなえ すみか
関連商品
Amazon 楽天

概要

高校3年生。幼い頃に漫画家だった父を自殺で亡くして以来、母親と2人、奈良で暮らしている。父の葬式で出会ったいとこの暁生千夏と仲良くなり、同じ高校に通う。暁生のことが好きで、一度は交際に至るが、暁生が本当に好きなのは北村であることを自覚し、自ら別れを告げた。高校卒業後は、漫画家を目指して作品の投稿を始める。

登場作品

さきくさの咲く頃

奈良県のある町で暮らす松苗澄花と暁生、千夏は幼馴染でいとこ同士。おとなしい性格の澄花の密かな楽しみは、川を挟んで向かいに見える暁生の部屋を、自室から双眼鏡で観察すること。ある日、暁生から「つきあおうか... 関連ページ:さきくさの咲く頃

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
暁生
千夏
北村
logo