松長 竜二

アタックNo.1(漫画)の登場人物。読みは「まつなが りゅうじ」。一ノ瀬努とは親族関係にある。

  • 松長 竜二
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
アタックNo.1(漫画)
正式名称
松長 竜二
ふりがな
まつなが りゅうじ

総合スレッド

松長 竜二(アタックNo.1)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

3歳のときに生き別れた一ノ瀬努の双子の兄。一ノ瀬家の長男だが、口減らしのために遠い親戚に預けられる。12歳のとき養父と養母が交通事故で他界。以後、東京の施設、「愛の芽学園」で育つも、高校半ばで出奔した。高校時代はバレー部。インターハイで上京した鮎原こずえと出会う。

その境遇から独立心が強く、学歴を強く否定。自分のやりたい仕事を探して富士見が浜に現れ、こずえと再会した。実父が脳卒中で死亡した後、母とホットドッグ屋を開業。富士見高校定時制から普通科2年へ転入。応援部を設立した。こずえのことを努の代わりじゃないと拒み、入院中のこずえから同級生との恋についてアドバイスと励ましをもらい、成功した模様。

外見は一ノ瀬努と酷似している。ただし、表情や動作は、冷静沈着だった努とは正反対で、竜二の方がオーバーである。

登場人物・キャラクター

実家は八百屋を営んでいる鮎原こずえの遠縁の親戚だが、初対面ではお互いに素性を知らなかった。。こずえの叔母から、努は叔母のおい、こずえは叔父のめい、と紹介される。富士見学園では生徒会副会長、富士見高校で...
腸が弱く、リンパ腺が腫れる病気で、東京の両親の元から叔父、叔母のいる静岡県富士見市富士見が浜にある富士見学園に転校してきた(当時中学2年生)。後日、両親も富士見が浜に越してきている。転校当初はスポーツ...

登場作品

東京から静岡県の富士見学園に転校してきた鮎原こずえは、バレー部員に絡まれたことから、バレー部と不良グループをバレーの試合で勝負させることになり、その結果、不良たちを勝たせてしまう。こずえは東京で名門の...