板東 スグル

火の鳥 太陽編(漫画)の登場人物。読みは「ばんどう すぐる」。小沼ヨドミとはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
火の鳥 太陽編(漫画)
正式名称
板東 スグル
ふりがな
ばんどう すぐる

総合スレッド

板東 スグル(火の鳥 太陽編)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

シャドーの一人。のシンボルである火の鳥を盗み出すという命をうけ、総本山に侵入。祀られている火の鳥がまがい物であることを突き止める。捕らえられて黒潮教宣塾へ送られた。小沼ヨドミが自分と戦って致命傷を負いつつ奇跡的に命を取り戻したことを、のシンボル、火の鳥の生き血を飲んだためだとして、黒潮教宣塾生を煽動しクーデターの端緒を作る。

登場人物・キャラクター

光の女戦闘員。板東スグルに服を奪われ、その侵入を許した罪で黒潮教宣塾に入れられる。板東スグルに再会し、一騎打ちを挑んで致命傷を負うが奇跡的に命を取り戻した。
『火の鳥 太陽編』に登場する地下生活者。光信仰を拒んだため地下生活を強いられている人々。

関連キーワード

『火の鳥 太陽編』に登場する収容所。日本海溝の深海1000メートルに作られた収容所。人々を光の信者として洗脳するための施設。

登場作品

7世紀、百済国王余豊璋の一族ハリマは、戦に敗れ、顔の皮をはがされオオカミの皮をかぶせられて、獣の顔をもつ男となる。仙術を行うおばば、倭国の将軍阿倍比羅夫とともに倭国へ渡り、その地の産土神である狗族の娘...