林 冲

水滸伝(漫画)の登場人物。読みは「りん ちゅう」。別称、豹子頭林冲。

  • 林 冲
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
水滸伝(漫画)
正式名称
林 冲
ふりがな
りん ちゅう
別称
豹子頭林冲

総合スレッド

林 冲(水滸伝)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

魯智深が菜園の番人をやっていた時に知り合った。禁軍の教師だったが、妻が高きゅうの息子に言い寄られ、断ると林冲は罠にはめられ、罪人として流刑になる。魯智深に助けてもらいながら進むうち、流罪先の滄州の有力者である柴進の家に世話になる。牢城に着き、柴進の気配りのお陰で無事に暮らしていたが、執念深い高きゅうの指令で牢役人などから命を狙われたので、これを殺して逃亡する。

ふたたび柴進に救われ、梁山泊入りを勧められ、メンバーとなる。

関連キーワード

中国東部にある(現在の山東省済寧市)、沼地と水路に守られた天然の要塞である。近くに梁山という山があったため梁山泊という名になった。ピーク時は百八人の頭領と三万の兵力を抱えていた。

登場作品

中国北宋末期の徽宗皇帝の時代、悪徳役人や不正だらけの世の中で、武力と義侠心に富んだ者たちが、私欲を満たそうとする悪徳官吏や富裕者の理不尽な行いのせいで、アウトローの世界に向かわねばならなくなる。このよ...