林崎 甚助

林崎 甚助

忍者武芸帳 影丸伝(漫画)の登場人物。読みは「はやしざき じんすけ」。

登場作品
忍者武芸帳 影丸伝(漫画)
正式名称
林崎 甚助
ふりがな
はやしざき じんすけ
関連商品
Amazon 楽天

概要

モデルは実在した人物で、抜刀術(居合術)の始祖とされる林崎甚助坂上主膳に討たれた浅野重治の子供で剣の達人。しかし結核に蝕まれていて、その脆弱な体を補うため、後に神明夢想流と呼ばれる抜刀術を編み出した。坂上主膳を追って6年間の旅を続け、途中、命を救ってくれた農民の娘おふりを武士たちに殺されている。

影丸と出会ってその考えを知ってからは敬意を抱くようになり、明智光秀こと坂上主膳との試合と引き換えに影丸の首を求めた織田信長の取引には乗らなかった。後にかまいたちにより胸を斬られたことと、おばばが作ったきのこの薬が幸いして結核から全快。

坂上主膳の影武者をそれとは知らず討ち果たして本懐を遂げたと思い込んだものの、命の恩人の北畠具教と愛していた小萩を失い、また影丸にも敗れてからは、剣の道に生きることを選んだ。

関連人物・キャラクター

影丸

野武士を自称し、各地で起こる農民たちの土一揆を支援して、武士階級打倒の戦いを進める謎の忍者。無風道人から愛州陰流の陰の流れを受け継いだ弟子で、影分身など様々な忍びの術を駆使する。特殊能力を持つ男たちを... 関連ページ:影丸

登場作品

忍者武芸帳 影丸伝

群雄割拠する戦国時代末期、親の仇坂上主膳を追う結城重太郎は謎の忍者影丸と出会う。虐げられる者のために戦う影丸と影一族は織田信長の天下統一の野望に抗って活躍し、坂上主膳が明智光秀の影武者になったことから... 関連ページ:忍者武芸帳 影丸伝

SHARE
EC
Amazon
logo