果心居士

快傑ライオン丸(漫画)の登場人物。読みは「かしんこじ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
快傑ライオン丸(漫画)
正式名称
果心居士
ふりがな
かしんこじ

総合スレッド

果心居士(快傑ライオン丸)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

インドで修行し、バラモンの秘術を会得したと言われる忍者。獅子丸たちの育ての親にして師匠でもある。大魔王ゴースンの送り込む刺客によって殺される運命であることを予見し、獅子丸には金砂地の太刀、沙織には小太刀、小助には笛を形見として託した。死後は魂の存在としてヒカリ丸に宿っている。

登場人物・キャラクター

戦乱で両親を失い、果心居士によって育てられた青年。剣の腕は素晴らしいが、非情になりきれない面を持つ。金砂地の太刀の封印を解き、刀身を鞘走らせながら「忍法獅子変化」と唱えることで、獅子の頭をした剣士・ラ...

登場作品

時は戦国時代。大魔王ゴースンが日本への侵略を開始。己の死を悟った忍者・果心居士は、弟子の獅子丸に金砂地の太刀を託し、打倒ゴースンを命じる。獅子丸は刀の力を使った忍法獅子変化で獅子面の剣士・ライオン丸に...