果心居士

果心居士

無限の住人(漫画)の登場人物。読みは「かしんこじ」。六鬼団とはライバル関係。

登場作品
無限の住人(漫画)
正式名称
果心居士
ふりがな
かしんこじ
関連商品
Amazon 楽天

概要

逸刀流剣士の老人。普段は「水科先生」という名で江戸市中で薬屋を営み、秘かに諜報活動を行っている。元々は山暮らしの民で、その特性を活かした罠を張り、追ってきた六鬼団の面々を次々と討ち果たしていく。

関連キーワード

逸刀流

『無限の住人』に登場する剣の流派。無天一流を破門になった天津三郎が興した。孫の天津影久によって広く普及し、江戸だけで千人の門人を抱える一大流派となった。「勝つことこそ剣の道である」が身上で、一対一でさ... 関連ページ:逸刀流

六鬼団

『無限の住人』に登場する組織。無骸流が解散した後に、吐鉤群によって新たに作られた私兵集団。逸刀流の残党狩りを目的としており、無骸流同様、多くが罪人によって構成されている。素性を隠すために黒装束に般若の... 関連ページ:六鬼団

登場作品

無限の住人

江戸時代中期、すべての流派の統一を掲げる剣客集団・逸刀流に、両親を殺された少女・浅野凜は、不死の肉体を持つ剣士・万次を用心棒として雇い、仇敵である逸刀流統主・天津影久を追うこととなった。時を同じくして... 関連ページ:無限の住人

SHARE
EC
Amazon
logo