架印

境界のRINNE(漫画)の登場人物。読みは「かいん」。六道 鯖人とはライバル関係。

  • 架印
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
境界のRINNE(漫画)
正式名称
架印
ふりがな
かいん

総合スレッド

架印(境界のRINNE)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

白髪の少年。人間の寿命を管理する名簿係である記死神(しるしがみ)。人間の寿命である命の火を奪うことができる。人間の寿命名簿を管理する役所、命数管理局経理課所属。世間知らずの母親が六道鯖人に金をだまし取られ続けている。そのため息子の六道りんねのことまで恨んでおり、鯖人の借金のカタに、連帯保証人のりんねの寿命を差し押さえようとする。

りんね同様、身内のとばっちりで貧乏生活を送っている。

登場人物・キャラクター

『境界のRINNE』の主人公のひとり。死神とのハーフの父と人間の母を持つクォーター。赤毛赤眼の高校生。1年4組で、席は真宮桜の隣。学生生活のかたわら、幽霊の未練を断ち切り、輪廻の輪に乗せる死神のような...
六道りんねの父。死んでいない人間をだましてあの世へ誘う悪質死神、だまし神の首領。非合法会社堕魔死神カンパニー社長。死神の魂子を母に、死後転生した人間を父に持つハーフ。赤髪赤眼で、見た目は息子とあまり変...

登場作品

幽霊が見える高1の女の子・真宮桜が、隣の席の死神みたいな仕事をしている貧乏なクラスメイトの少年・六道りんねを手伝うことに。この世に未練のある幽霊たちを輪廻の輪に送り届けて成仏させるため、ない知恵と予算...