柏木 るり子

すくらっぷ・ブック(漫画)の登場人物。読みは「かしわぎ るりこ」。別称、るりっぺ。柏木晴とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
すくらっぷ・ブック(漫画)
正式名称
柏木 るり子
ふりがな
かしわぎ るりこ
別称
るりっぺ

総合スレッド

柏木 るり子(すくらっぷ・ブック)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

『すくらっぷ・ブック』の登場人物で、柏木晴の妹。兄の友人たちとも仲がよく、特に迎麻紀とは忍術のような技を競い合ったりする仲。兄に似てイタズラ好きで、兄の誕生日プレゼントとして知恵の輪で作ったペンダントを晴と麻紀両方に贈っており、それをくっつけると外せない上、引っ張るとキスをする仕掛けがされていた。幼いながらも、兄以上に大人びた面を見せ、すでにボーイフレンドもいる。

登場人物・キャラクター

『すくらっぷ・ブック』の登場人物で、柏木晴のクラスメイトにして、恋人同士となる明るく元気な女の子。メガネをカチューシャのようにかけている姿がトレードマークで、晴のことは小さい身体が母性本能が刺激すると...
2頭身で焦茶色の髪をした中学生。国語と美術が得意で、美術部に所属し、上級生の引退後は部長となる。親友の市野清文の恋人青木理美に憧れていたが、クラスメイトの迎麻紀と付き合うようになる。普段はおちゃらけた...

登場作品

仲良しコンビ柏木晴と市野清文は、長野県にある芦ノ原中学校に通う中学2年生。清文の恋人青木理美に晴も好意を持っているが、友情が壊れることなく学園生活を送っていた。同じクラスの坂口光明もまた理美に持つよう...