柏木 清

どんぐりの家(漫画)の登場人物。読みは「かしわぎ きよし」。

  • 柏木 清
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
どんぐりの家(漫画)
正式名称
柏木 清
ふりがな
かしわぎ きよし

総合スレッド

柏木 清(どんぐりの家)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

聴覚障害と知的障害を持つ重複障害児の男の子。自閉傾向が強く、自傷行為も多かった。石に執着し、集めたり並べたりを繰り返す。大平ろう学校の同級生、田崎圭子とは仲良し。パン屋を営む父、母、姉の家族は清の世話に疲弊していたが、彼が石を集める意味を知ってからは、彼を支えて生きてゆこうと決意した。

弟が障害児であることをからかわれた経験があり清をうとましく思っていた姉の光子も、彼の存在を隠すことなく学校の課題の作文で発表するなど、彼を受け入れるようになった。

登場人物・キャラクター

昭和42年生まれ。聴覚障害と知的障害を持つ重複障害児の女の子。幼少時は自傷行為などの問題行動が多かった。大平ろう学校に入学し、安田先生たちの粘り強い教育で、ゆっくりとだが成長してゆく。両親も、ひとり娘...

登場作品

第一部は埼玉県大宮市に住む重複障害を抱えた女の子、田崎圭子が主人公。大平ろう学校幼稚部に入学した彼女が同級生や先生と関わりながら成長してゆく様を中心に、障害を持つ子どもの親たちが障害者の共同作業所「ど...