柔らかい石

柔らかい石

からくりサーカス(漫画)、錬金術を極めた者の証であり、その究極の形のひとつ。

登場作品
からくりサーカス(漫画)
正式名称
柔らかい石
ふりがな
やわらかいいし
関連商品
Amazon 楽天

概要

ただの鉛を黄金に変え、すべての病に効き、長寿を約束し、機械でできた人形にも命を与える「生命の水(アクア・ウイタエ)」を生成するもの。その名の通り柔らかく少し温かい赤い石。空気に触れると徐々に蒸発し、2週間ですべてなくなってしまう。保存するためには人間の子どもの体内に入れなければならず、大人の体内では拒絶反応が起こる。

そういった理由から、クローグ村の井戸の底にあった「柔らかい石」は、最初の「しろがね」であるルシール・ベルヌイユの娘、アンジェリーナの体内に入れられた。この物語の中では白銀白金が「柔らかい石」の生成に成功している。

登場作品

からくりサーカス

拳法の達人である加藤鳴海と、莫大な財産を相続したため親族に命を狙われるようになった才賀勝、そして「しろがね」を名乗るエレオノールという女性を中心にした、人類と、人類に仇なす自動人形との戦いを描いたファ... 関連ページ:からくりサーカス

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
からくりサーカス
logo