柳勘太郎

柳勘太郎

現代柔侠伝(漫画)の主人公。読みは「やなぎかんたろう」。別称、鬼勘。柳勘一、柳 朝子とは親族関係にある。

登場作品
現代柔侠伝(漫画)
正式名称
柳勘太郎
ふりがな
やなぎかんたろう
別称
鬼勘
関連商品
Amazon 楽天

概要

『現代柔侠伝』の主人公の1人。額の左側に古傷がある。一人称は「わが輩」。第二次世界大戦中は、陸軍の戦闘機部隊八九三部隊に所属する飛行士だった。離れ離れになった妻柳朝子と子柳勘一を探すうちテキヤとなる。柔道や空手で鍛えた武闘派で、肝も据わっていることから慕うものが集まり鬼勘一家を組織する。

対立する菊水グループや黒竜会と戦いを重ね、その後は再び操縦桿を握る事になる。

関連人物・キャラクター

柳勘一

『現代柔侠伝』の主人公の1人。柳勘太郎、柳朝子の息子。登場時4歳。第二次世界大戦後、両親と離れ離れになる。全国を転々とした後、熊本鎮西高校で柔道にはげむうちに祖父柳勘九郎、父柳勘太郎を思わせる逞しさを身に着ける。電光投げを得意とし、鬼勘と呼ばれるようになる。中学生の時に右目の視力を失った。

柳 朝子

ところどころくるくると跳ねた髪が特徴。東北弁で話す女性。第二次世界大戦後、夫柳勘太郎・息子柳勘一と離れ離れになる。新興テキヤ組織菊水組の滝村の手で悲痛な境遇に陥れられるなど数奇な運命を辿る。

登場作品

現代柔侠伝

第二次世界大戦後の混乱の中で元戦闘機の飛行士柳勘太郎と息子柳勘一は離れ離れになり、数奇な運命を経て邂逅する。バロン吉元の代表作『柔侠伝』シリーズの第3作。 関連ページ:現代柔侠伝

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
中野 国彦
logo