柳 斗星

柳 斗星

天の血脈(漫画)の登場人物。読みは「ゆ どうそん」。別称、北斗。

登場作品
天の血脈(漫画)
正式名称
柳 斗星
ふりがな
ゆ どうそん
別称
北斗
関連商品
Amazon 楽天

概要

拳法の義和拳の奥義を極め、かつてはこの拳法で世の中を変えられると信じていたが、やって来たロシア軍に散々に負け仲間も家族も殺された。朝鮮に本当の独立が来る日を信じており、東洋が力を合わせ日本と朝鮮が兄弟のように結びつく為の活動を行う内田良平を師として慕う。内田が支援する学者の嬉田貞一を救う為、ロシアのコサック騎兵と闘うが守りきれず内田に助けられる。

だが時が過ぎ時代が変わり、日露戦争に勝利した日本が朝鮮を統治するに至ったことで、自分が内田に騙され続けていたことに気付き、闇夜に内田を襲撃するが失敗。内田とは敵対する関係となる。その後、中国大陸に渡り義兵闘争に加わることとなる。

登場作品

天の血脈

明治末期、日露戦争開戦前夜、満州の地に学術調査隊として参加していた優秀であるが冴えない一高の学生、安積亮は、馬賊による襲撃を受け捕らわれてしまうが脱出に成功、帰国し諏訪大社の巫女、翠と祝言をあげる。平... 関連ページ:天の血脈

SHARE
EC
Amazon
logo