柳生 十兵衛

サスケ(漫画)の登場人物。読みは「やぎゅう じゅうべえ」。サスケとはライバル関係。柳生 但馬守とは親族関係にある。

  • 柳生 十兵衛
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
サスケ(漫画)
正式名称
柳生 十兵衛
ふりがな
やぎゅう じゅうべえ

総合スレッド

柳生 十兵衛(サスケ)の総合スレッド
2016.02.13 08:04

概要

柳生但馬守を父に持つ隻眼の少年。陰流忍法を使う忍法の達人で、最初の戦いではサスケも歯が立たなかったが、サスケそっくりの従兄弟の4つ子が加わった分身の術に驚いて逃走した。後に再対決を挑んだ時は、病気の弟の薬を探すサスケに油断して蚊幕にかかり、引き分けている。

さらに偽の奉行に化け、幕府直轄領となった旧・竹間藩に乗り込んだ時にサスケを見つけて対決するも、圧政の動向を探っていた由比正雪と金井半兵衛に邪魔されて果たせなかった。しかしその後、百姓一揆鎮圧のため新奉行に手を貸したことで、近隣の藩の兵が一揆を鎮圧。それに巻き込まれてサスケを愛するお梅が処刑され、さらにサスケの弟の小猿が生死不明となるきっかけを作ってしまった。

歴史上の実在の人物、柳生十兵衛三厳がモデル。

登場人物・キャラクター

徳川家康に仕える将軍家剣法指南役で、柳生十兵衛の父親。服部半蔵率いる公儀隠密の忍者とは別に独自の柳生忍群を組織し、豊臣方の残党である猿飛の忍者たちを狙っている。一方で大猿大助の実力には一目置き、良きラ...
甲賀流忍者の父親大猿大助から猿飛の術を受け継ぎ、子供ながら微塵がくれや炎がくれなど様々な忍術を駆使する少年忍者。母親を公儀隠密に殺され、その思慕の念に強く囚われることになる。大猿大助と共に諸国を放浪し...

登場作品

江戸時代初期、猿飛の術を使う甲賀流忍者の子供として生まれたサスケは父の大猿大助と共に諸国を放浪。徳川家康に逆らう猿飛の忍者を狙う公儀隠密や柳生忍群に追われながら、虐げられる百姓やキリシタンの味方となっ...