氷の掌 シベリア抑留記(漫画)の登場人物。読みは「やなぎ」。

  • 柳
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
氷の掌 シベリア抑留記(漫画)
正式名称
ふりがな
やなぎ

総合スレッド

柳(氷の掌 シベリア抑留記)の総合スレッド
2016.08.10 14:55

概要

ライチハ収容所に収容されていた元下士官。収容所では、人一倍まじめに働きノルマもこなしていたが、自分より働いていないゴマすり人間が給料を自分より多く貰っていたり、班長がかつての階級によって決められていることに不満を抱いている。階級の恩恵を受け、収容所でも労働をせずに過ごしていた特に橋口大尉や園村中尉を敵視していた。

一時的にハバロフスクでソ連からの教育を受け、共産主義に染まり、日本へ帰って共産主義を広めようという言動をとるようになる。ライチハに共産思想組織の突撃隊というものができた後は、そこの幹部的な立場に収まり、密告の受け入れや、反共産主義者とされた人物の吊るし上げなどを行った。

碓氷もこの犠牲になっている。

登場作品

学徒動員を受け、関東軍に配属された小澤昌一は、満州の地で敗戦を迎えた。ソ連軍の捕虜となり、シベリアへ連行され、労働を強いられることとなる。極寒の地でバタバタと倒れていく仲間達。最初に収容されたキヴダ収...