柴田 国広

太郎(漫画)の登場人物。読みは「しばた くにひろ」。

  • 柴田 国広
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
太郎(漫画)
正式名称
柴田 国広
ふりがな
しばた くにひろ

総合スレッド

柴田 国広(太郎)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

ガルシア・ロペスを見出し、日本に連れてきた男。ガリーのトレーナーとコーチでもある。長身の中年男で、関西弁でしゃべる。昔は将来を有望視されたボクサーだったが、花形青児と戦って負けたとき、左目の網膜剥離により引退する。引退後荒れた生活を送って暴力団とも関係し、拳銃の密輸でQ共和国へ行った際にガルシア・ロペスと出会う。

花形のコピーである吉野太郎を意識するが、しょせんはコピーだと言って、太郎の弱点を指摘する。作品後半では高塚隆の策謀によって、苦しい日々を過ごす。

登場人物・キャラクター

Q共和国からやってきたプロボクサーの青年。吉野太郎のデビュー戦の対戦相手で、その時は太郎に勝つ。Q共和国で柴田国広に見出されて来日し、大阪の新世界ボクシングジムに所属する。姉のアンジェリーナを、商社マ...

登場作品

高卒でつくし信用金庫に勤務している青年吉野太郎は、クマタジムに所属するプロボクサーでもあった。彼は、不世出の天才ボクサー花形青児の押しかけ弟子であったが、自分の不注意のせいで花形を交通事故で死なせてし...