柴田 国広

柴田 国広

太郎(漫画)の登場人物。読みは「しばた くにひろ」。

登場作品
太郎(漫画)
正式名称
柴田 国広
ふりがな
しばた くにひろ
関連商品
Amazon 楽天

概要

ガルシア・ロペスを見出し、日本に連れてきた男。ガリーのトレーナーとコーチでもある。長身の中年男で、関西弁でしゃべる。昔は将来を有望視されたボクサーだったが、花形青児と戦って負けたとき、左目の網膜剥離により引退する。引退後荒れた生活を送って暴力団とも関係し、拳銃の密輸でQ共和国へ行った際にガルシア・ロペスと出会う。

花形のコピーである吉野太郎を意識するが、しょせんはコピーだと言って、太郎の弱点を指摘する。作品後半では高塚隆の策謀によって、苦しい日々を過ごす。

関連人物・キャラクター

ジロー・ガルシア・ロペス

Q共和国からやってきたプロボクサーの青年。吉野太郎のデビュー戦の対戦相手で、その時は太郎に勝つ。Q共和国で柴田国広に見出されて来日し、大阪の新世界ボクシングジムに所属する。姉のアンジェリーナを、商社マ... 関連ページ:ジロー・ガルシア・ロペス

登場作品

太郎

プロボクサーと信用金庫職員を両立させながら、世界一の男になろうとする青年吉野太郎の成長をリングと業務の双方から描いた、異色の長編スポーツ漫画。第41回(1995年度)小学館マンガ大賞を、『ギャラリーフ... 関連ページ:太郎

SHARE
EC
Amazon
logo