柴 純全

柴 純全

虹色のトロツキー(漫画)の登場人物。読みは「さい じゅんぜん」。

登場作品
虹色のトロツキー(漫画)
正式名称
柴 純全
ふりがな
さい じゅんぜん
関連商品
Amazon 楽天

概要

建国大学六塾の学生。考え方の違いから六塾の数名が馬小屋に立てこもるという事件を起こすが、非日系が彼らに同調すると日系との対立に繋がると考え、共感はするが中立の立場をとり、蒙系、露系も中立する線でまとめる。故郷から戻り復学したウムボルトも日系でないことから、ウムボルトに対しても同調するよう相談し賛成の確認をとるが、ウムボルトを心から信頼してはいなかった。

その後、辻政信に諭されるウムボルトに更なる不信感を抱き始める。日本語が不得意で、厄介な資料を楽々読めるウムボルトを羨ましく思っている。昭和16年、抗日組織のリーダーとして多数の建大生と共に逮捕され、後、獄死。

歴史上の実在の人物、柴純全がモデル。

登場作品

虹色のトロツキー

第二次世界大戦勃発の前年の昭和13年に物語は始まる。日本人の父と蒙古人の母の間に生まれたウムボルトは、満州国に開学した建国大学に特別研修生として入学する。だが彼は幼き日の記憶を失っていた。それは、かつ... 関連ページ:虹色のトロツキー

SHARE
EC
Amazon
logo