柿根 陽介

柿根 陽介

バウンサー(漫画)の作品登場人物。読みは「かきね ようすけ」。別称、アンデッドマン。

登場作品
バウンサー(漫画)
正式名称
柿根 陽介
ふりがな
かきね ようすけ
別称
アンデッドマン
別称
不死の男
関連商品
Amazon 楽天

概要

関東最大の広域指定暴力団「剛浄会」直参の「阿藤組」で若頭補佐を務める男性で、この地位に弱冠33歳で登りつめた極道会の超エリート。清潔感のある黒髪ショートヘアにメガネをかけた、エリートサラリーマンのような風貌だが、右額には2つの弾痕があり、「アンデッドマン」「不死の男」の異名を持つ。人の心を完璧に読むことができるとの噂もある。

蜂野信也獅子戸丈一郎がセキュリティを受け持ったクラブにチンピラを差し向け、民間警備会社「東京フィスト」の評判を落とそうと画策した。

登場作品

バウンサー

獅子戸丈一郎は、夜の街の秩序を守る用心棒「バウンサー」の世界に足を踏み入れる。危険と隣り合わせの世界で、あがきながら奮闘していく獅子戸の姿を描いたバイオレンスアクション。「別冊ヤングチャンピオン」20... 関連ページ:バウンサー

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
獅子戸 丈一郎
鰐渕 剛志
蜂野 信也
虎井 清十郎
高島 亮一
馬場 千聡
佐藤
鈴木
集団・組織
東京フィスト
その他キーワード
logo