栗丸 保

H2(漫画)の登場人物。読みは「くりまる たもつ」。国見比呂とは親族関係にある。

  • 栗丸 保
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
H2(漫画)
正式名称
栗丸 保
ふりがな
くりまる たもつ

総合スレッド

栗丸 保(H2)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

鹿児島県代表豪南実業高校野球部投手。左投げ・左打ち。国見比呂が2年夏の甲子園1回戦で対戦。身長が低く小太りな体型ながら、国見比呂曰く自身が好調な時のような球を投げる。地区予選ではツメを割り8イニングしか登板していないため全国的には無名だった左腕投手。だが豪南実業高校の監督は10年に一人現れるかどうかの投手と考えている。

予選は主に兄の栗丸勇が投げて甲子園に出場した。国見比呂擁する千川高校と延長10回を戦い両軍合わせてヒット1本という歴史に残る投手戦を繰り広げる。子供の頃、兄の勇が、保が後ろから驚かされると飛び上がるのを面白がったため、幾度となく脅かし続けたことにより、ランナーを背負うと通常のピッチングが出来なくなるという欠点を持つ。

そのことに対し兄の勇は今でも後悔しており、頼りになる兄に徹している。国見比呂の一学年下。

登場人物・キャラクター

千川高校野球部員ピッチャー。超高校級投手。バッティングセンスも非凡でチャンスに強い。打順は3番。中学時代、親友のスラッガー・橘英雄、キャッチャー・野田敦と共に地区大会二連覇を果たし野球関係者にとって進...

関連キーワード

『H2』の舞台・組織。北東京エリアの高校。野球部がない高校で野球愛好会のみ存続していた。国見比呂や野田敦は故障で野球に未練を残さないために入学したが、愛好会のマネージャー、古賀春華を中心に、誤診で実は...

登場作品

H2
中学野球で地区大会二連覇を果たした国見比呂と橘英雄は大の親友であり、野球、そして雨宮ひかりを巡る恋のライバル。誤診により野球が出来ないと診断され野球部のない千川高校に入学した国見比呂は、マネージャー古...