栗原 榛名

栗原 榛名

神様のカルテ(漫画)の登場人物。読みは「くりはら はるな」。別称、ハル。

登場作品
神様のカルテ(漫画)
正式名称
栗原 榛名
ふりがな
くりはら はるな
別称
ハル
別称
榛名
別称
榛名姫
関連商品
Amazon 楽天

概要

栗原一止の妻。山岳を中心としたカメラマンとして働いているため、海外を飛び回ることが多く、一止とはすれ違うことも多いが、日本にいる間は甲斐甲斐しく世話を焼いてくれる。一止の担当する患者が亡くなったようなときは、言葉にしなくても理解してくれるような勘のよさと優しさを持つ女性。

御嶽荘に引っ越してきたさい、一止と出会ったことをきっかけに結婚。旧姓は片島(かたしま)。幼い頃、両親を亡くしており、遠い親戚の家で育てられたため、両親の顔を知らない。髪型は長髪をポニーテールにしていることが多い。好きな山は御嶽山。特に冬の美ヶ原から見る御嶽山を最も好む。

登場作品

神様のカルテ

主人公・栗原一止は、内科医兼救急医として、松本市にある本庄病院に勤務している。彼が当直の日は救急外来に患者が押し寄せるため、「引きの栗原」とも呼ばれていた。そんな彼が奮闘し、医療にかける思いと共に、医... 関連ページ:神様のカルテ

SHARE
EC
Amazon
logo