栗太郎の母

栗太郎の母

あじさいの唄(漫画)の登場人物。読みは「くりたろうのはは」。別称、母上。

登場作品
あじさいの唄(漫画)
正式名称
栗太郎の母
ふりがな
くりたろうのはは
別称
母上
関連商品
Amazon 楽天

概要

故人であるため、栗太郎栗太郎の父の回想に登場する。優しく聡明で、器量もいいため栗太郎に深く敬愛されていた。栗太郎の父とケンカをすることもあったが、仲睦まじい様子がよく見られた。紫陽花が好きで、花の一つ一つに名前を付けていた。

登場作品

あじさいの唄

傘貼り浪人の息子、栗太郎は、ある雨の日、あじさいの下にたたずむ子犬と出会う。雨に濡れたその子犬を不憫に思った栗太郎は家に連れ帰り、その犬を栗之助と名付ける。やがて父親からも家で飼うことを許され、新しい... 関連ページ:あじさいの唄

SHARE
EC
Amazon
logo