根室 武蔵

暴力大将(漫画)の登場人物。読みは「ねむろ たけぞう」。力道剛とはライバル関係。

  • 根室 武蔵
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
暴力大将(漫画)
正式名称
根室 武蔵
ふりがな
ねむろ たけぞう

総合スレッド

根室 武蔵(暴力大将)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

河内矯正院の全収容生を支配下に置き、矯正院の治安を思うままにしている巨体の総部屋長。収容生が第一棟から第五棟の建物に収容されているのに対して、第六棟の主として君臨している。かつて第四棟を牛耳った黒木栄一郎に決闘で辛勝した後に拷問を加え、廃人にして第六棟の地下牢に監禁し続けていた。

母心像と呼ばれる不気味な偶像を崇拝し、院長薬師寺猿蔵の厳命によって収容生でありながら親衛隊も手が出せない存在で、後に院長に反旗を翻した親衛隊を全滅させている。力道剛率いる一部収容生たちの反乱に対しては、牛の仮面を付けて総攻撃を指揮するも劣勢となり、仮面の下の醜い顔が暴かれてしまう。そして力道剛との最後の決闘で、彼の背中に隠れていた薬師寺猿蔵が拳銃を向けるが、廃人のはずの黒木栄一郎に飛び掛かられて第六棟の屋根から落下。

三人共に絶命した。その後、根室武蔵と薬師寺猿蔵が、実の親子だったことが明らかになる。

登場人物・キャラクター

1940(昭和15)年、河内から同じく大阪の新庄村福丸尋常小学校6年1組に転校してきたガキ大将。無敵の腕力を誇る喧嘩好きで「河内の暴力大将」の異名を持つ。父親は精米店を営み、母親の玉子(つやこ)、妹の...

登場作品

「暴力大将」の異名を持つ力道剛の半生を「尋常小学校編」「中学校編」「矯正院編」「戦争編」「戦後編」「成長編」「飛翔編」の七つに分けて構成。中学在学中に河内矯正院に送られた力道剛は、影の支配者である総部...