根岸 佐助

釘師サブやん(漫画)の登場人物。読みは「ねぎし さすけ」。

  • 根岸 佐助
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
釘師サブやん(漫画)
正式名称
根岸 佐助
ふりがな
ねぎし さすけ

総合スレッド

根岸 佐助(釘師サブやん)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

サブやん釘師の師匠。禿げ頭の老人。釘師の神さまと呼ばれたが、現在は釘師を引退し、たい焼き屋をしている。美人の娘、里美がいる。上京直後、悪い奴に騙されて有り金を全部取られてしまい、上野公園で途方に暮れていたサブやんに声をかけたのが、佐助だった。パチンコ界の神さまと呼ばれる茜正村の弟子。

秘技・玉おきのハンマーを正村から伝授されているが、よほどのことがない限り使ってはならないと禁じ手にされていた。それをサブやんにも伝授してしまい、結果的にはサブやんを追い詰める。白ハンマーを愛用。

登場人物・キャラクター

第一ホールの専属釘師。関西弁を話す、そばかすだらけの男。赤ん坊の頃、両親がおたふく風邪にかかって死んだため、祖母に育てられた。成長後、祖母が死んだため上京。釘師の神さまと呼ばれる根岸佐助と出会い、釘師...
サブやんの師・根岸佐助の師匠で伝説的な人物。サングラスをかけ和服姿の老人。サブやんの祖母のウソにより、サブやんに祖父と思い込まれていた。近代パチンコの始祖と呼ばれる正村竹一がモデル。もともと板に釘を刺...

登場作品

昭和30年代。渋谷のパチンコ店第一ホールで、茜三郎ことサブやんは、パチンコ台の釘の傾きを調整する釘師をしていた。そんなある日、パチプロ・美球一心が来店。サブやんが釘を締めて玉を出なくしていたパチンコ台...