桂 太郎

桂 太郎

「坊っちゃん」の時代(漫画)の登場人物。読みは「かつら たろう」。

登場作品
「坊っちゃん」の時代(漫画)
正式名称
桂 太郎
ふりがな
かつら たろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

長州出身で、明治38年の作品中では内閣総理大臣。山縣有朋にへつらって陸軍で出世したと言われる。夏目漱石森鴎外が参加した歌会で、首相なのに山縣有朋のご機嫌を伺っているような描写がなされている。この作品中では、彼が『坊っちゃん』の「野だいこ」のモデルとされる。

実在の人物である桂太郎がモデル。

登場作品

「坊っちゃん」の時代

明治38年(1905年)11月、夏目漱石は酒場での縁で知り合った若い友人たちに、新しい小説の構想を語る。題は『坊っちゃん』であった。東京帝大・一高、明治大学で英文学の講師をしていた漱石だったが、西欧文... 関連ページ:「坊っちゃん」の時代

SHARE
EC
Amazon
logo