桂 小五郎

坂本龍馬(漫画)の登場人物。読みは「かつら こごろう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
坂本龍馬(漫画)
正式名称
桂 小五郎
ふりがな
かつら こごろう

総合スレッド

桂 小五郎(坂本龍馬)の総合スレッド
2016.09.01 15:32

概要

実在の歴史上の人物、木戸孝允がモデル。「木鶏」と名乗って北辰一刀流千葉道場(通称小千葉)に道場破りに現れ、坂本龍馬と互角の勝負をする。後に倒幕の志士となり、高杉晋作と共に長州藩の実権を握る。坂本龍馬の仲介によって薩摩藩の西郷隆盛らと会談し、薩長連合を成立させた。

登場作品

天保6年(1835年)年11月、土佐の郷士の家に生まれた坂本龍馬は、日本一の剣客を目ざして江戸に上る。ペリーの黒船来航や大老井伊直弼暗殺など、日本中が騒然とする中で脱藩、佐久間象山の思想や勝海舟の先進...