桂木 華

桂木 華

聖痕のクェイサー(漫画)の登場人物。読みは「かつらぎ はな」。

登場作品
聖痕のクェイサー(漫画)
正式名称
桂木 華
ふりがな
かつらぎ はな
関連商品
Amazon 楽天

概要

織部まふゆ達のクラスメイトの一人で、辻堂美由梨と共に彼女らをいじめていた少女。レズビアンで少女趣味のマゾヒストであり、学園にやってきたエカテリーナ=クラエに一目惚れし、そのまま手籠めにされている。その後はエカテリーナ=クラエのエネルギー源である生神女として彼女に奴隷として仕えている。

関連人物・キャラクター

エカテリーナ=クラエ

アレクサンドル=ニコラエビッチ=ヘルに続いて正教会(オーソドクス)から派遣された錬金士クェイサー。銅でできた人間大の人形をママと呼んで使役し、銅を操って戦う。普段は外見通りの幼く可愛らしい美少女として... 関連ページ:エカテリーナ=クラエ

辻堂美由梨

織部まふゆや山辺燈のクラスメイトで学園の現理事長の娘。前理事長である山辺燈の父が失踪してから織部まふゆ達をいじめるようになった。お嬢様気質な性格。 関連ページ:辻堂美由梨

登場作品

聖痕のクェイサー

授乳を介してエネルギー源である聖乳(ソーマ)を得て元素を操る錬金士クェイサーの一人であるアレクサンドル=ニコラエビッチ=ヘルは、正教会(オーソドクス)の命を受け、学園に隠されているという聖像(イコン)... 関連ページ:聖痕のクェイサー

SHARE
EC
Amazon
logo