桐生 奠

最上の命医(漫画)の登場人物。読みは「きりゅう さだめ」。西條命とはライバル関係。桐生危とは親族関係にある。

  • 桐生 奠
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
最上の命医(漫画)
正式名称
桐生 奠
ふりがな
きりゅう さだめ

総合スレッド

桐生 奠(最上の命医)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

桐生奠桐生棗の兄で、平聖中央病院副院長を務める。代々医師の桐生家で一番の切れ者。帝王大学出身で、かつて心臓専門の天才外科医として名を馳せた。だが妹・棗の技量に嫉妬して麻酔科医になる道を選択。手段を問わない野心家で、若くして副院長に上りつめた。儲からない小児科を廃止したがっており、小児外科の復活に動く西條命と対立。

また命を平聖グループの跡継ぎの座を奪う邪魔者と考え、あの手この手で追い落とそうとする。そのため帝王大学総長・養老重利の権力も利用するが、日本医学会会長・佐野徳亮に見咎められて挫折。以後は私立の巨大臨床研究所を建設するという当初の野望に立ち戻り、命の実力と人望を頼るようになる。

登場人物・キャラクター

平聖中央病院の心臓血管外科医で、桐生奠の弟で桐生棗の兄。西條命と同い年の若手だが、手術の技量は同等の天才で、不遜な自信家でもある。命と同じく海外勤務の経験があるが、その際に危険な手術を強行して患者を死...
西條生の弟。父親は彫刻家で、海外での活動が多い。生後すぐ完全大血管転移症の心臓手術を受けた経験から、小児外科医を目指すように。小学生時代、自分の手術を執刀した神道護から大いに感化される。やがて父親の仕...

関連キーワード

『最上の命医』に登場する病院。私立の大病院で、全国に57の病院を擁する平聖グループの一角。救急車が渋滞すると言われるほど忙しい病院として知られ、あちこちの医局から研修医や若手医師が修行に派遣される。西...

登場作品

生後すぐに心臓の手術を受けて一命を取り留めた西條命。これを機に小児外科医を志した命はアメリカで医学を学び、腕利きの若手外科医として帰国する。その後、日本の大手私立病院・平聖中央病院を職場として選択。平...