桐生 蒼子

桐生 蒼子

蒼の封印(漫画)の主人公。読みは「きりゅう そうこ」。別称、蒼子。

登場作品
蒼の封印(漫画)
正式名称
桐生 蒼子
ふりがな
きりゅう そうこ
別称
蒼子
関連商品
Amazon 楽天

概要

天然パーマの長髪、端正な顔立ちの女子。初登場時高校1年生。転校初日から周囲に怪異な現象が起き、西家の白虎と名乗る(西園寺彬)に出会う。正体は人食い鬼の一族・鬼門の最後の王・羅睺のクローン。鬼門には東家、西家、北家、南家があり、羅睺は東家の蒼龍(当主)。

このため鬼を狩る使命を持つ(西園寺彬)から蒼龍と呼ばれて命を狙われるが、次第にお互い愛し合うようになる。との愛を貫き、普通の人間になるために西家と共に鬼門と戦う事を決意する。封印が解けると頭頂部に一本の角が現れ、口に牙が生えた鬼の姿になる。

青い鬼火を操る他、鬼門を繁栄させるための重要な能力を持っている。

登場作品

蒼の封印

人喰い鬼の一族の少女・桐生蒼子が宿敵の男性西園寺彬と愛し合い、血の宿命に翻弄されながらも共に戦う姿を描いたホラーファンタジー漫画。 関連ページ:蒼の封印

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
西園寺 彬
logo