桔梗 十八郎

桔梗 十八郎

人間兇器(漫画)の登場人物。読みは「ききょう じゅうはちろう」。別称、桔梗。

登場作品
人間兇器(漫画)
正式名称
桔梗 十八郎
ふりがな
ききょう じゅうはちろう
別称
桔梗
関連商品
Amazon 楽天

概要

元々は旭掌拳の一門だったが、日本空手道空心会に入門して師範代まで上りつめた。その後は破門となり、暴力団の用心棒に身をやつしていた。旭掌拳当主の朝日奈薫子を慕っており、鹿児島では薫子に手を出した美影義人を袋だたきにするが、鹿児島入りした大元烈山との一騎討ちに敗れる。

その後、九十九里浜で美影と再度決闘するが、薫子が彼をかばった際の隙を突かれて敗北。その後、薫子を捨てた美影を追ってアメリカに渡った際は、MSGのリングでプロレスラーを倒してしまい、空手対プロレスの全面戦争を引き起こす。雑魚レスラーはものともしなかったがマイケル・ダグラスには完敗を喫した。

その後、日本に帰国して朝日奈薫子のそばで暮らすようになり、美影薫子の間にできた子雅哉からは、かりそめだがおとうさんと呼ばれる仲になる。1度は破門された身だがその後は一門に戻り、烈山が新格闘技団体ザ・格闘技を設立するとその門下にはせ参じる。

登場作品

人間兇器

金と権力、暴力で人生を歩む野望を持った美影義人が空手の師匠大元烈山を何度となく裏切って、成り上がりを目指す物語。人間兇器を目指す美影義人は犯罪を重ね、世界的に警察や大元烈山に追われる身となる。原作:梶... 関連ページ:人間兇器

SHARE
EC
Amazon
logo