桔梗

犬夜叉(テレビアニメ)の登場人物。読みは「ききょう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
犬夜叉(テレビアニメ)
正式名称
桔梗
ふりがな
ききょう

総合スレッド

桔梗(犬夜叉)の総合スレッド
2016.01.25 12:31

概要

戦国時代の巫女。四魂の玉を浄化し、守護する役目についていた。犬夜叉と知り合い、恋をするも奈落の策にはまって死に別れてしまう。死後、魂は転生して現代のかごめになる。かごめが時空をさかのぼって戦国時代にやってきたさいに作り物の身体に魂が入って復活し、前世と後世が1つの時代に居合わせる状況が生じた。

登場人物・キャラクター

妖怪と人の父母をもつ半妖の少年。妖怪としては化け犬に属し、鋭い聴覚と嗅覚を備える。人と妖怪両方から迫害され荒れた時期がある。巫女の桔梗と恋に落ちて将来を誓い合うも、奈落の陰謀で仲を裂かれ、死別。 かご...
普通の女子中学生だが、家の神社にあった骨喰いの井戸から戦国時代にタイムスリップしてしまい、犬夜叉と出会う。戦国時代の巫女、桔梗の生まれ変わりで、砕け散り各地に散ってしまった四魂の玉のかけらを集める旅に...

関連キーワード

どんな願いも叶えると噂される、真球状の宝石。妖怪を強化する性質もあり、人と妖怪いずれにも狙われてきた。桔梗が死んださいいったん消滅したが、桔梗の魂ごと玉も身体に宿して現代に生まれたかごめが戦国時代へや...

登場作品

願望を実現する宝・四魂の玉を巡り人と妖怪が争う戦国時代。玉を守る巫女の桔梗と半人半妖の犬夜叉は互いに恋しながらも謀略により決裂し、桔梗は死亡、犬夜叉は封印される。その後、現代の中学生・日暮かごめが戦国...