桔梗

犬夜叉(漫画)の登場人物。読みは「ききょう」。

  • 桔梗
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
犬夜叉(漫画)
正式名称
桔梗
ふりがな
ききょう

総合スレッド

桔梗(犬夜叉)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

戦国時代の高名な巫女であり、かつて犬夜叉と恋仲であった女性。日暮かごめの前世。冷静で、慈愛に満ちた性格。四魂の玉を守るという使命を受け、玉を狙う妖怪との戦いを続ける中犬夜叉と出会い、やがて親近感を抱くようになる。そして犬夜叉に妖怪ではなく人間になるように説得するも、奈落の計略によって仲違いさせられ犬夜叉を封印したのち自らも四魂の玉を抱いて自殺してしまう。

その後、鬼女・裏陶により復活。犬夜叉に恨みを抱きつつしんだものの、彼に対する愛情も消えずにいる。魂の殆どが既にかごめに転生しているために、頻繁に霊魂を補充しなければならない。強力な神通力は今なお健在であり、強力な結界を張ることも可能。

使用する武器は霊力を込めた弓矢・破魔の矢。

登場人物・キャラクター

巨大な犬の妖怪と人間の女性を母に持つ半妖。長い白髪に犬のような耳を持ち、丈夫な赤色の火鼠の衣を纏った少年。50年前巫女・桔梗と恋仲になるが、奈落によって仲違いさせられてしまい彼女によって封印されていた...
神社の娘として産まれた中学三年生の少女。15歳の誕生日に、家の裏にある古井戸・骨喰いの井戸に落ちて戦国時代へとタイムスリップ、四魂の玉を巡る争いへと巻き込まれていくことになる。行動力に優れ、肝も据わっ...

登場作品

世界観現代パートは、かごめの15歳の誕生日から、高校合格を経て、中学を卒業するまでの1年間をメインに描く。最終話の中で3年が経過し、かごめは高校を卒業することになる。戦国時代パートは、戦国の世をモデル...