桜井 そうび

桜井 そうび

ちょっと江戸まで(漫画)の主人公。読みは「さくらい そうび」。別称、ソウビ。

登場作品
ちょっと江戸まで(漫画)
正式名称
桜井 そうび
ふりがな
さくらい そうび
別称
ソウビ
関連商品
Amazon 楽天

概要

13歳の少女。大身旗本の桜井家の隠し子。箱根の山深い村で母親が命を落としてからは、祖父母に育てられる。しかし、祖父母が他界した後はひとりで暮らしていた。桜井家の前当主の遺言で本家に引き取られる。しばらくは兄の貴晄の部下の神谷の家に預けられたが、その後本家で兄と一緒に暮らし始める。

さらに、昌平坂中学校で勉学も学ぶようになり、そこでぼっちゃまと出会う。感情を表に出すことが苦手なため、周囲からはクールと思われることが多い。村にいた時から男の子の格好をしていて、江戸に来て神谷から武芸を習い始めてからは男ぶりが上がってきている。父親譲りの女殺しフェロモンの持ち主で、本人にその気がなくても、女の子をメロメロにしてしまう魅力を持つ。

登場作品

ちょっと江戸まで

江戸時代が400年以上続いている時代に、山奥で育てられた大身旗本の娘、桜井そうびが、江戸の大身旗本の桜井に引き取られる様子を描く。良家の娘となった桜井そうびの半生を描いた江戸時代の物語。 関連ページ:ちょっと江戸まで

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
水戸 廸聖
桜井 貴晄
神谷 正成
誠七
高坂 弦志郎
徳川 家享
満月院
場所
logo