桜井 秀子

桜井 秀子

島根の弁護士(漫画)の登場人物。読みは「さくらい ひでこ」。

登場作品
島根の弁護士(漫画)
正式名称
桜井 秀子
ふりがな
さくらい ひでこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

「虫の音」という小料理屋を営む中年の女性。炎樹卓也とは旧知の仲で、彼を介して山崎水穂や店の常連客と温泉旅行に出かける。その際、自分が死別したはずの水穂の母と告げる。小料理屋を開く前は検事であり、ある製薬会社のスキャンダルがらみで医療過誤を起こした病院を追求しきれなかったことを後悔して職を辞し、家族との幸せな生活を捨てることが贖罪と考え、水穂や夫である山崎春雄と別れた過去を持つ。

後に自らも弁護士となり、法曹界に再起する。

登場作品

島根の弁護士

幼少時より小泉八雲に憧れ、高校時代の出来事から弁護士を志していた山崎水穂。彼女は念願かなって日本でも特に弁護士の少ない島根県弁護士会に所属する新米弁護士となり、敏腕弁護士の秋田良市が所長を務める秋田法... 関連ページ:島根の弁護士

SHARE
EC
Amazon
logo