桜庭 葵

藍より青し(漫画)の登場人物。読みは「さくらば あおい」。別称、葵。花菱薫とは親族関係にある。

  • 桜庭 葵
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
藍より青し(漫画)
正式名称
桜庭 葵
ふりがな
さくらば あおい
別称

総合スレッド

桜庭 葵(藍より青し)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

さくらデパートの跡取り娘。幼少時にと出会い、の妻になることを誓う。が家出したことを知り、後を追ってのアパートにやってきた。一旦は連れ戻されそうになるが、への強い想いを知った母の判断により、桜庭館での生活を認められる。桜庭家に居た頃は、花嫁修業に努めていたため、家事全般は得意だが、自動改札を通れないほど世間知らず。

普段は桜庭館の大家として、住人たちの世話をしている。

登場人物・キャラクター

本名は本城薫。明立大学法学部在籍。同大学の写真部に所属する。花菱財閥の次期当主という立場だったが、非嫡出子だったこともあり、祖父の花菱源一郎によって、虐待に近い厳しい教育を受けていた。しかし、その環境...

関連キーワード

『藍より青し』に登場する建物。もとは桜庭家の別荘だったが、葵と薫が一緒に住むために、アパートとして使われるようになった。また、同居のカモフラージュとして、葵はアパートの大家で、薫はその住人ということに...

登場作品

大学生・花菱薫はある日、駅で困っている和服姿の少女を助ける。その少女こそ、かつて幼い頃、将来を誓い合った相手・桜庭葵だった。大財閥・花菱家の跡取りでありながら、家督を捨て出て行った薫を追って、葵もまた...