桜樹 レイコ

BLACK BRAIN(漫画)の登場人物。読みは「さくらぎ れいこ」。宮前カオルとはライバル関係。

  • 桜樹 レイコ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
BLACK BRAIN(漫画)
正式名称
桜樹 レイコ
ふりがな
さくらぎ れいこ

総合スレッド

桜樹 レイコ(BLACK BRAIN)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

静岡県から来た私立松田高校2年B組に転校してきた。人類の外骨格化が目的。父親によって改態されて、昆虫のような外骨格を持つ人類に進化した。学校案内役の森川に性行為で外骨格化ウィルスを感染させる。宮前カオルとの戦いで左腕が常に裂けている感覚を植えられる。

自分の意志で外骨格化ウィルスの分泌を制御できる。父親の興味が森川に移り、自暴自棄となる。特殊な力を持つ宮前カオルに興味を持ち、やがてそれが好意であると気づく。桜木教授に失敗作の烙印を押され、坂本に払い下げられた。坂本から二年前に失踪した母親が実験の犠牲にあっていたことを知らされる。父である桜木教授が家族を顧みず、暴走した結果が自身の外骨格化だと知り、すべてを精算する決意で、坂本をはじめ、森川マモルと桜木教授を殺害する。

宮前カオルに故意に攻撃を仕掛け、受波脳の最大級の攻撃で致命傷を受ける。

登場人物・キャラクター

私立松田高校2年B組に通う高校生。ちょっとバカな若い男という理由でアガサ森田のパートナーに選ばれた。相手の身体感覚を自在に操作する受波脳を埋め込まれている。41世紀の物質を体内に内包するため、宮前カオ...
私立松田高校2年B組に通う高校生。宮前カオルの幼馴染で公認彼女。剣道の関東チャンピオンにして成績優秀。容姿端麗で性格も良い。宮前カオルと行動を共にすることが多いため、必然的に邪進化との戦いに遭遇するこ...

登場作品

AD3777年自由意思を持った最後のヒトが死んで以来、自由意思を持たぬヒト達はヒテロの万能資源として生き続けることが可能となっていた。ヒト達の骨、肉、臓器はあらゆる場面で活用され、AD3902年ついに...