梅田 梅太郎

坂本龍馬(漫画)の登場人物。読みは「うめだ うめたろう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
坂本龍馬(漫画)
正式名称
梅田 梅太郎
ふりがな
うめだ うめたろう

総合スレッド

梅田 梅太郎(坂本龍馬)の総合スレッド
2016.09.01 15:32

概要

北辰一刀流千葉道場(通称小千葉)で坂本龍馬と共に剣を学んでいる。血の気が多く、国難を憂い小千葉を去るが、押し込み強盗などをして食いつないでいた。後に勤王思想に目覚め、京都で志士として活動を始め中心人物となる。しかし密偵として使っていた妹の梅田竹乃が、井伊直弼の懐刀、長野主膳の妾となったことから、同志達から命を狙われ、坂本龍馬を頼って土佐に流れてくる。

登場作品

天保6年(1835年)年11月、土佐の郷士の家に生まれた坂本龍馬は、日本一の剣客を目ざして江戸に上る。ペリーの黒船来航や大老井伊直弼暗殺など、日本中が騒然とする中で脱藩、佐久間象山の思想や勝海舟の先進...