梶 隆臣

梶 隆臣

嘘喰い(漫画)の登場人物。読みは「かじ たかおみ」。

登場作品
嘘喰い(漫画)
正式名称
梶 隆臣
ふりがな
かじ たかおみ
関連商品
Amazon 楽天

概要

黒髪短髪の青年。多額の借金を抱えている。パチンコ店で斑目貘がスロットの当たりに気付かず席を立った際、当たりであることを教えると、がその恩返しとして梶の借金返済を手伝ってくれることとなる。これがきっかけで、次第に倶楽部「賭郎」を通じた賭博の世界に足を踏み入れていく。

が「廃ビル脱出対決」に勝利した後には、の代わりに賭郎会員となった。専属立会人は夜行妃古壱。ギャンブラーとしての実力は乏しいが、数々の修羅場や二階堂鮫丸や羽山郁斗といった敵とのギャンブル対決の中で次第に成長していく。幼少期には親の命令で当たり屋行為をしており、現在も母親は隆臣の名義で借金をして浪費を繰り返している。

親からの愛を得られなかったために承認欲求が強く、に憧れを抱くと同時に依存に近い感情を抱いている。に褒められた際には「もうこの魔力から逃れられない」とまで感じている。

関連人物・キャラクター

斑目 貘

銀髪にオールバックの青年。賭博組織倶楽部「賭郎」を介して行われたギャンブルで勝利を重ね続けた伝説のギャンブラー。相手の嘘やブラフ、イカサマを見抜き食らい尽くすことから「嘘喰い」と呼ばれている。かつては... 関連ページ:斑目 貘

関連キーワード

倶楽部「賭郎」

『嘘喰い』に登場する組織。組織の頂点であるお屋形様、101名の立会人とその私兵、その他多数の掃除人や黒服、さらに48名の会員から構成される。会員の希望に応じて立会人を派遣し、ギャンブルを仕切らせ、勝敗... 関連ページ:倶楽部「賭郎」

登場作品

嘘喰い

とあるパチスロ店にて、青年・梶隆臣は、嘘喰いと呼ばれるギャンブラー・斑目貘に出会う。梶はスロットの当たりに気付かず席を立った貘に、当たりが来ていることを教える。貘はスロットの当たりを教えてくれたお礼に... 関連ページ:嘘喰い

SHARE
EC
Amazon
logo