森の老婆

森の老婆

旧約Marchen(漫画)の作品登場人物。読みは「もりのろうば」。

登場作品
旧約Marchen(漫画)
正式名称
森の老婆
ふりがな
もりのろうば
関連商品
Amazon 楽天

概要

エピソード「火刑の魔女」に登場する。ギフトの母親。横髪が長く、つねにフードのついた黒いワンピースと毛糸のショール、ボロボロのエプロンを身につけている。若い頃は頬が痩(こ)け、やつれていながらも美しかったが、ギフトが帰郷した際には、老いて別人のように醜くなっている。夫が行方不明となっており、女手一つでギフトを育てていたが、貧しさのあまり食い扶持に困り、ギフトを街に連れ出したあと置き去りにした。

ギフトと離別後も暮らし向きは好転せず、つねに飢餓状態にあったため、ギフトと再会した際にも娘と気づく事はなく、彼女の持っていたパン欲しさに斧で殺害した。その後、ギフトの持っていたロザリオを売りに街に出た際、夫の死と遺産の存在を知り、人並みの生活を送れるようになっており、のちにヘンゼルグレーテルが訪ねて来た際には、お菓子の家などを作って振る舞った。

子供に腹一杯食べさせるのが夢だったが、その結果、疑心暗鬼に陥ったグレーテルによって、かまどの火に蹴り入れられる事となった。死の直前、ギフトに会う事を切望した。復讐された罪は「暴食」。ギフトからは「お母さん」と呼ばれている。

登場作品

旧約Marchen

幻想楽団Sound Horizonの7thStoryCD『Märchen』の楽曲を、ソガシイナの解釈に沿ってコミカライズしたオムニバス作品。すべての作品が童話をモチーフとしており、記憶をなくしたメルが... 関連ページ:旧約Marchen

SHARE
EC
Amazon
logo