森山 みくり

逃げるは恥だが役に立つ(漫画)の登場人物。読みは「もりやま みくり」。森山栃男、土屋百合とは親族関係にある。

  • 森山 みくり
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
逃げるは恥だが役に立つ(漫画)
正式名称
森山 みくり
ふりがな
もりやま みくり

総合スレッド

森山 みくり(逃げるは恥だが役に立つ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

ボブヘアーの女性。25歳。就職活動で内定が貰えず就職浪人の道を選び大学院へ進学するも、再び全滅。派遣社員になるが、派遣切りに遭う。求職中の娘を見かねた父・森山栃男に紹介され、父の元部下の津崎平匡の家事を請け負う。大学では心理学を学び、大学院で臨床心理士の資格を取得した。

妄想癖が少々あり、自分の現状を「徹子の部屋」や「情熱大陸」などテレビ番組風に妄想する。同居していた両親の引っ越しを機に津崎平匡の家事代行は終了となるところだったが、彼と協議の末、家事全般を請け負う家政婦として「雇用」が決定。上司と部下という関係で津崎平匡の家に住み込む「契約結婚」の道を選ぶ。

早速、津崎平匡の家に住民票を移して事実婚の形を取るが、表向きは結婚していることにしているので、津崎平匡の同僚、風見亮太や、伯母の土屋百合など知人達の目をごまかすために苦労を重ねる。また、金欠から風見亮太とも家事代行の契約を結んで働き出す。そんな生活を続けるうちに、次第に津崎平匡に対して恋心が芽生え始める。

登場人物・キャラクター

眼鏡をかけた一見クールな男性。36歳。森山みくりの父森山栃男の元部下で、京都大学卒業のシステムエンジニア。元上司の森山栃男に、求職中の娘森山みくりを強引に押し付けられ、家事代行を頼む。仕事を真面目にこ...
森山みくりの父。職が見つからない娘の森山みくりを見かねて、元部下の津崎平匡に家事代行としてねじ込んだ。妻森山桜と共に、古民家をリフォームした家で田舎暮らしを始める。
ベテランキャリアウーマンの女性。52歳。森山みくりの母・森山桜の姉だが、森山みくりからは「百合ちゃん」と呼ばれている。化粧品会社に勤務し、部下からは「室長」と呼ばれている。仕事はやり手だが結婚に対して...
28歳。パーマをかけた背の高いイケメン男性。津崎平匡の同僚。豊富な話題とそつのない振る舞いで、女性にもてるが反感を買う事も多かったという。一般的な結婚にメリットを感じられず、既婚者となった津崎平匡や妻...

登場作品

あらすじ大学院で心理学を勉強し、人事部や企画商品開発の仕事での就職を目指したがあえなく全滅し、派遣社員になった25歳の森山みくり。臨床心理士の資格も持っているが心理カウンセラーやスクールカウンセラーの...