森秋 夏彦

それでも町は廻っている(テレビアニメ)の登場人物。読みは「もりあき なつひこ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
それでも町は廻っている(テレビアニメ)
正式名称
森秋 夏彦
ふりがな
もりあき なつひこ

総合スレッド

森秋 夏彦(それでも町は廻っている)の総合スレッド
2016.01.25 12:31

概要

尾谷高校の数学教師で嵐山歩鳥のクラスの担任。小学生時代の女性教師とのあるやりとりをきっかけに今の職を選んだ。眼鏡をかけており、堅物で女子生徒からのラブレターを数学的な回答でつっぱねた、との噂がある。

数学が苦手で遅刻癖のある歩鳥の言動に悩まされ、胃痛や脱毛を起こすことも少なくない。

登場人物・キャラクター

尾谷高校に通う女子高生。メイド喫茶シーサイドでメイドのアルバイトをしている。「タヌキ」「ちょうちんフグ」と評される容姿で、胸がないことを気にする様子もある。天然でドジを踏むことが多いが、ポジティブで天...
尾谷高校に通う女子高生。メイド喫茶シーサイドでメイドのアルバイトをしている。「タヌキ」「ちょうちんフグ」と評される容姿で、胸がないことを気にする様子もある。天然でドジを踏むことが多いが、ポジティブで天...

関連キーワード

『それでも町は廻っている』の舞台の名称。嵐山歩鳥らが通う高等学校で、森秋夏彦らが教員として勤務している。制服は男女ともにブレザー、男子はネクタイにグレーのチェック柄ズボン、女子はリボンタイ、緑にチェッ...

登場作品

東京の下町にある丸子商店街 の昔ながらの喫茶店に出入りする、主人公の女子高生嵐山歩鳥。年配の店主の磯端ウキがメイド喫茶にして売り上げを伸ばそうと考えメイド喫茶シーサイドとして歩鳥をメイドにする。歩鳥を...