森 鴎外

森 鴎外

「坊っちゃん」の時代(漫画)の登場人物。読みは「もり おうがい」。別称、森 林太郎。

登場作品
「坊っちゃん」の時代(漫画)
正式名称
森 鴎外
ふりがな
もり おうがい
別称
森 林太郎
関連商品
Amazon 楽天

概要

1862年生まれで、この物語の中では43歳。帝国陸軍軍医部長にして小説家。作品中で、夏目漱石は鴎外と会った際、鴎外が樋口一葉の中の「江戸」を賞賛するのを聞き、「西洋に学びつつ西洋と距離を置く知識人」が自分だけでないことを知り、安堵を得る。山県有朋主宰の椿山荘の歌会にも、漱石と鴎外は出席し、政治家たちの文才の無さに辟易している。

実在の人物である森鴎外がモデル。

関連人物・キャラクター

夏目 漱石

英国留学で神経を患い、親戚を含めた家族を養うために東京帝大・一高、明治大学で英文学の講師をしている。明治38年(1905年)11月で満38歳10ヶ月。ビヤホールで太田仲三郎、堀紫郎、森田草平、荒畑寒村... 関連ページ:夏目 漱石

樋口 一葉

女流小説家。明治29年に、結核により24歳で死去しているため、作品中では回想シーンにしか登場しないが、「旧時代(江戸)の詩魂」を持つものとして、森鴎外と夏目漱石に評価されている。この作品中では、彼女が... 関連ページ:樋口 一葉

登場作品

「坊っちゃん」の時代

明治38年(1905年)11月、夏目漱石は酒場での縁で知り合った若い友人たちに、新しい小説の構想を語る。題は『坊っちゃん』であった。東京帝大・一高、明治大学で英文学の講師をしていた漱石だったが、西欧文... 関連ページ:「坊っちゃん」の時代

SHARE
EC
Amazon
logo