植村 直己

植村 直己

蒼き氷河の果てに… ―植村直己物語―(漫画)の主人公。読みは「うえむら なおみ」。別称、植村。

登場作品
蒼き氷河の果てに… ―植村直己物語―(漫画)
正式名称
植村 直己
ふりがな
うえむら なおみ
別称
植村
関連商品
Amazon 楽天

概要

明治大学入学時に山岳部に入部。童顔・小柄で人が良く、山岳部入部当初は自分に自信を持てずにいた。高山病に掛かりにくい体質で、標高の高い場所でも自由に活動することができる。大学卒業後は小林に刺激され、海外の山に次々登頂した。1970年、日本人初のエベレスト登頂に成功している。

登山以外にも北極点に単独犬ぞりで到達など数々の偉業を成し遂げた。1984年、アメリカの真冬のマッキンリー登頂後に消息を絶っている。

登場作品

蒼き氷河の果てに… ―植村直己物語―

1960年の春に明治大学へ入学した植村直己は、山岳部の部室入口で同学年の小林と出会う。入部した植村は、技術や体力のある小林のあとを追ううちに次第に実力をつけていく。山の魅力に取り憑かれ、国内の難しい山... 関連ページ:蒼き氷河の果てに… ―植村直己物語―

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
小林
高橋
集団・組織
明大遠征隊
logo