植草 杏

植草 杏

砂時計(漫画)の主人公。読みは「うえくさ あん」。別称、水瀬 杏。

登場作品
砂時計(漫画)
正式名称
植草 杏
ふりがな
うえくさ あん
別称
水瀬 杏
関連商品
Amazon 楽天

概要

東京生まれ東京育ちだが、12歳の冬に両親の離婚により島根にある母親の実家に引っ越した。根は明るい性格なのだが、母親の自殺のせいで、精神が不安定になることも。北村大悟と付き合っていたが、遠距離恋愛がうまくいかずに別れてしまう。その後ほかの男性とも付き合っていくが、いつまでも大悟のことが忘れられなかった。

母親の姓が植草で父親の姓は水瀬。父親との同居後は水瀬杏。

関連人物・キャラクター

北村 大悟

植草杏が中学時代に暮らしていた島根の家の近くに住む同い年の元気な少年。杏と仲良くなり、付き合い始めるが、杏とのささいな行き違いで別れることに。彼自身は杏一筋だが、意外にまわりの女子からモテる。月島椎香や楢崎歩からも好かれていた。杏が大事にしていた2つ目の砂時計は、彼がプレゼントした。

関連キーワード

仁摩サンドミュージアム

島根県にある砂の博物館。植草杏が12歳の時、島根に引っ越す途中で母親の植草美和子と訪れる。その後、杏は人生の節目で度々ここを訪れる。杏が大事にしていた砂時計はこの博物館で売られていたもの。

登場作品

砂時計

母や彼との思い出の砂時計をずっと大切にしてきた植草杏の12歳から26歳の14年間に渡る恋を描いた恋愛漫画。芦原妃名子の代表作。第50回小学館漫画賞少女向け部門受賞。 関連ページ:砂時計

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
月島 藤
月島 志津子
場所
その他キーワード
logo