植草 美和子

砂時計(漫画)の登場人物。読みは「うえくさ みわこ」。植草杏とは親族関係にある。

  • 植草 美和子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
砂時計(漫画)
正式名称
植草 美和子
ふりがな
うえくさ みわこ

総合スレッド

植草 美和子(砂時計)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

植草杏の母親。島根の田舎では目立つ美人だったので、常に周りの目を気にしていた。いつかほかの土地で暮らしたいと願い、東京から来た水瀬正弘と結婚した。東京で暮らしていたが、正弘の仕事の借金が原因で離婚し、を連れて島根に戻ることに。精神的に追い込まれ、ついに自殺してしまう。

登場人物・キャラクター

東京生まれ東京育ちだが、12歳の冬に両親の離婚により島根にある母親の実家に引っ越した。根は明るい性格なのだが、母親の自殺のせいで、精神が不安定になることも。北村大悟と付き合っていたが、遠距離恋愛がうま...

関連キーワード

植草杏がずっと大切にしてきた宝物。最初の砂時計は母親の植草美和子が買ってくれたものだが、母親の葬式で杏が壊してしまう。2つ目の砂時計は北村大悟がプレゼントしてくれたもの。杏にとってこの砂時計は母美和子...

登場作品

植草杏は12歳まで東京で暮らしていたが、中学に入学する直前に両親が離婚し、母親の実家である島根に引っ越すことに。杏はすぐに島根になじんだが、母親は自殺してしまう。杏は、島根で出会った北村大悟に支えられ...