検見川政親の父

月下の一群(漫画)の登場人物。読みは「けみがわまさちかのちち」。検見川政親とは親族関係にある。

  • 検見川政親の父
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
月下の一群(漫画)
正式名称
検見川政親の父
ふりがな
けみがわまさちかのちち

総合スレッド

検見川政親の父(月下の一群)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

検見川総合病院を営む医師。息子の検見川政親に継がせようとしたが、意に反して医学部に行かなかったため勘当した。その後血縁者に病院を継がせたいと検見川政親に見合いをさせようとする。検見川政親は自信過剰はこの父親の遺伝だと自認する。

登場人物・キャラクター

北海道の医師の娘で女子大の3年生。ショートカットで背が高く、モデルのように人の目を惹く外見。クールな物言いで、足代わりに紺のベンツを操る。高校時代はハイジャンプの選手だった。検見川政親の父は息子の見合...
自信家でバイタリティのある男子大学生。K大の工学部建築科に入学し、椿寮で柿本慈雨と同室になったことから柿本毬花と知り合う。高校時代から建築現場で働いていた。高校時代は美術部だったが今は絵を描くことを止...

登場作品

女子大生柿本毬花は、集団の中ではいつも一歩引いた位置にいるような性格だった。幼い頃から頼っていた弟柿本慈雨が同じ大学に入学し喜んだのも束の間、寮に入るという。寮生の検見川政親達と接するようになってから...